スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.08.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

【ギリシャの旅2007】第5章・博物館

やっと再開、ギリシャ旅行記。
今回は博物館。世界史の教科書に載ってるような感じにダダダーッて感じかも。

行った博物館は、アクロポリス博物館、国立考古学博物館、デルフィ博物館。
どこもあんまりゆっくり見られなかったんだけど、それほど大きくないから一通りは見たのかな。

国立考古学博物館で見たもの。

アフロディテとエロスと牧神パン


ポセイドンの大理石像


ポセイドンのブロンズ像

この2体が同一人物には見えないんだけど。下の方がポセイドンっぽい気がする。海の神だし。
そうそう、この博物館にはキレイな中庭もあったよ。
ここ。天気も良かったし、いすに座ってボーッとできたよ。


あと、デルフィ博物館。
ここはデルフィ観光の一環で、みんなでぞろぞろと40分くらいでまわりました。相当かけあし。

本なんかにもよく出てる、青銅の御者の像。

この写真ではわからないけど、どアップの本があって、まつ毛がびっしり生えてた!

太陽神アポロン

デルフィにはアポロン神殿があるからか、ここの博物館にはたくさんアポロンがいたよ。
アポロンは美男子だったらしいね。大昔に彫刻になったのは、すごい美人かハンサムな男だけたったんだと。ガイドさんが言ってた。

それとこのスフィンクス!
横から見ると、けっこうすごい感じでしょ。

でも・・・前から見ると・・・
なんか弱そうじゃない?


写真は撮ってないけど、考古学博物館では、アガメムノンのデスマスクとか、馬に乗る少年の像とか見たよ。
土を掘ったらこんなのが出てくるなんてすごいな〜〜。見つけてみたいよ。

では番外編。

考古学博物館の庭に置いてあるこの像。
どっかで見たことある?


あるよねぇ、映画好きなみなさん?


パルパティーン皇帝!
博物館の像の名前は「COAT OF PEACE」なんて、パルパティーンにはまったくもってつながらない名前でしたが、そりゃもうパルパティーンにしか見えないよ。
なので皇帝の一撃。

スポンサーサイト

  • 2015.08.03 Monday
  • -
  • 00:08
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
博物館も回れたのですね。本場ですので遺物の数は多いでしょうね。

遙か昔遠い遠い宇宙のはてから皇帝が地球にやってきていたのではないでしょか・・・
  • やっこ
  • 2007/05/20 10:47 PM
それがですね〜、数はやっぱり大英博物館の方が圧倒的に多いですねぇ。
アクロポリスでは日本人ガイドの人が「イギリスが持っていってしまったんです、タダ同然で!!」って憎たらしそうに言ってるのが聞こえました・・・。
でもだからこそあのとおり保存されてるわけで・・・。
ガイドに私情をはさんじゃいけませんよね?

皇帝にはマジでびびりました。
  • Kitty
  • 2007/05/21 10:54 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
カウントダウン
結婚レシピ
進化してます 読書の記録
今読んでる本
Kittyの今読んでる本
**selected entries**
**categories**
**archives**
**recent comment**

**recent trackback**

**search this site.**

**links**
**profile**
**others** **mobile**
qrcode
**powered**
無料ブログ作成サービス JUGEM
**PR**